【CES 2016】1000馬力EVや皮膚感覚フィードバック!注目のクルマ最新テクノロジー5選

■1:300km/h超のスーパーEV「FFZERO1 Concept」

th_FF_CES_Racecar_1440x1440_Exterior_02_Full

source:http://www.faradayfuture.com

 

アメリカ・ロサンゼルスのスタートアップ企業、Faraday Future社が出展した、スーパーEV(電気自動車)が『FFZERO1 Concept』。

注目はその性能で、1,000馬力相当の最高出力を発揮! 最高速度は200mph、つまり約321.8km/hを誇るモンスターだ。

速さが話題の『Tesla S P85D』や『BMW i8』でも、最高速度は250km/hくらいと言われているので、いかにこのマシンが速いかがよく分かる。

エコで最速! EV特有の加速力もかなり期待できそう。テスラの脅威となるか? クルマ好きは注目の1台だ。

 

■2:新型電気自動車「BOLT EV」は航続距離300km超!

cq5dam.web.1280.1280

source:http://media.gm.com/

 

GMのブランド、シボレーから2016年内に発売予定の新型電気自動車『BOLT EV』が登場!

注目の性能は、こちらも数値的には“200miles(約321.8km)”。

といってもスピードではなく、フル充電して走ることができる航続距離のこと。電気自動車で航続距離300km超は、かなり注目。価格は30,000ドル(約352万円)程度だ。

 

■3:ワーゲンバスの新世代EV版「BUDD-e」

00009383_s

source:http://www.volkswagen-press.jp/

 

フォルクスワーゲンがかつて生産していたマイクロバス、『ワーゲンバス』を次世代の電気自動車としてリボーンさせたのが『BUDD-e』だ。

コンパクトなバン・スタイルを採用しているものの、そのデザインはオリジナルとはかなり違う。個人的には、かつてトヨタで生産していた『イスト』みたいな感じに見える。

スマートホームとの連携など、ファミリーカーとしての新しい付加価値を付けるなど、もちろん最新テクノロジーは満載。

2015年に発覚した、排ガス規制偽造問題で揺れるフォルクスワーゲンだが、起死回生の一打になるか? 注目だ。

1ページ目から読む