【東京オートサロン 2016】スマホアプリやGPSを活用!ハイテクな最新カーパーツ3選

■1:速度や電圧などを表示!スマホが計器メーターに

th_1H3A7551

Photo: Naoki Hiratsuka

 

クルマ用計器メーターブランド『Defi(デフィ)』。そのブースに展示されていたのが『SMART ADAPTER W』だ。

これは、クルマに搭載された『OBD II』と接続することで、スマートフォンやタブレットにインストールした専用アプリ上に、クルマの情報を表示できるユニットだ。

ちなみに、『OBD II』とは、クルマの自己車両診断システムで、エンジン制御情報やGPS位置情報なども取得できるコンピュータのこと。

th_1H3A7548

Photo: Naoki Hiratsuka

 

アプリで表示できるのは、

■車速
■エンジン回転数
■水温
■電圧
■スロットル開度
■過給圧(ターボ車の場合)

等々。

また、GPS情報を使い、マップアプリ上に自分の走行経路と速度を記録することも可能。サーキットで周回タイムなどを記録する、データロガー的な使い方ができるのだ。

対応するOSは、Androidが2.2以降、iOSは7以降。価格は17,000円(税別)~。

th_1H3A7545

Photo: Naoki Hiratsuka

 

Andoridのみ対応の、SMART ADAPTER(税別10,000円)もある。

1ページ目から読む