愛おしさ「her」以上?大好きなCGキャラクターと暮らす、オタクの夢が実現するかも?

バーチャルなキャラクターと暮らす日々

『Gatebox』の開発は、まだ進められている最中だが、2016年の秋にはクラウドファンディングで予約販売を開始するとしている。

そこで、製品化を加速させるための人材強化と開発体制強化のために、総額約9,000万円の資金調達を実施している。

資金調達は、第三者割当増資と金融機関からの融資で賄っている。

さて、『Gatebox』では、ユーザーの好みに合わせて様々なキャラクターを登場させていく予定だが、第一弾は『逢妻ヒカリ』となっている。

『逢妻ヒカリ』の設定は、一人暮らしをする(男性が前提のようだが)人に優しく接する癒やし系キャラクターだ。

頑張り屋だがおっちょこちょい(という設定)なのが、なんとも可愛らしい。

個人的には、バーチャルなキャラクターとの生活が、ユーザーにどのような影響を与えるのか、見てみたい。

 

【参考・画像】

※ ウィンクル、好きなキャラクターと一緒に暮らせる世界初のホログラムコミュニケーションロボット「Gatebox」発表 – @Press

※ Gatebox – Hologram Communication Robot

【動画】

※ Gatebox – Hologram Communication Robot – YouTube

【関連記事】

※ 【CES 2016】トヨタの人工知能研究TRIがもたらす自動運転の未来

※ NVIDIAが車載AIスパコンで自律走行車をパワーアップ!ディープラーニング演算能力はMac Book Pro 150台分

※ 【未来探訪#002】最新AIの基礎知識②山川先生、今ドキの人工知能ってどうやって作るんですか?

※ 日本ではなんと49%!? もはやSFではない、人工知能とロボットが労働者の職場を奪う日

※ 人間らしくなる人工知能。膨大なデータが無くても、新しいことを学習できるAIとは?

1ページ目から読む