登場は2020年?ついに「Apple Car」のコンセプトムービーが公開された?

コードネームは「Titan」?

僅か47秒のムービーでは、スポーティーなフォルムが映し出されている。

その後にApple Watchが映し出されることで、Apple製品との連携がイメージされている。

 

Appleの自動車開発は、噂ではコードネームまで『Titan』であると特定されているのだ。しかも、既に1,000人以上のエンジニアが携わっているとされている。

また、この数ヶ月間に、多くの自動車とバッテリーデザインの背景を持つ技術者たちを引き抜いていることからも、Tesla Motorsのイーロン・マスクCEOからは「公然の秘密」と言われている。

なにしろ、Tesla Motorsからも人材が引き抜かれていると言われているのだ。

実際、LinkedInで公開されているプロフィールには、Tesla MotorsからAppleに転職した経歴も見つけられるらしい。

 

発売は2020年か?

コンセプトムービーでは“2020”の数字が映し出され、2020年に発売されるかのように暗示しているが、実際には2019年ではないかとも言われている。

ちょっと合成がチープになっているが、ワイドダッシュボードディスプレイには未来的でアップルらしいシンプルなインターフェイスが表示されている。

そこには動画、速度、トラフィック予想などが示されている。下部に表示されたアイコンには、ハンズフリー電話を示しているようなものもある。

さて、こうなると東京オリンピックまでに、Appleの自動車を見る事ができるかもしれない、との期待が高まるだろう。

 

【参考・画像】

※ Apple Car revealed in concept video of what it could look like | Daily Mail Online

※ Concept ad gets us revved up for the Apple Car

【動画】

※ アップルカー – 車よりも。 – YouTube

【関連記事】

※ AppleやGoogleが自動車へ進出するにあたって最も重視するもの

※ 噂のAppleの電気自動車が2019年に発売されるかも

※ PHVやFCVなど、2015年次世代環境車の最新トレンドを振り返る

※ トヨタとホンダ、両雄の2016年以降のキーワードは「電動化」?次世代PHV開発は加速するか

※ 名車「ソアラ」の復活?LEXUS新型ラグジュアリークーペ「LC500」は夜の街を席巻するか

1ページ目から読む