不在票いらず!ヤマト運輸、LINE公式アカウント開設。物流サービスの新ステージへ

不在票はもういらない

宅配大手のヤマト運輸は、1月19日からLINEとの連携サービスを開始した。

昔は荷物の受取人が留守にしている場合、隣家の住人にその荷物を預かってもらっていた。だが今では、そういうこともしなくなった。代わりにポストに投函された不在票を見て、ドライバーに電話をかけるという、少々面倒な作業をするようになっている。

此度のヤマト運輸とLINEとの事業は、こうした手間を省くものとして期待されている。

shutterstock_97625672

source:http://www.shutterstock.com/

 

受け取り日時、場所の確認や変更、もちろん荷物の配送依頼もLINEで行なうことができる。

 

物流と情報

こうして見ると、メッセンジャーアプリと運輸業界は非常に親和性が高い。

LINEはすでに日本交通と配車サービスを始めているし、最近ではFacebookメッセンジャーとUberがそれと同じコンセプトの事業を始めた。

物流とは、情報網でもある。「この荷物を運ぶトラックは今ここにいる」という情報を発送者、受取人、そして業者が共有する。

それが達成されてこそ、円滑な物流が実現するのだ。

 

【参考・画像】

ヤマト運輸公式サイト

※ Graphs / PIXTA

※ Lucky Business / Shutterstock

【関連記事】

※ 配車サービスUber、Facebookメッセンジャーと「婚約」 新たな戦いの始まりか

※ FacebookがiPhone 6sの「Live Photos」に対応。Twitter、Instagramも続くか?

※ もはやつぶやきではない!Twitterが140文字制限を撤廃し、最大1万字まで投稿できるようになる?

※ あなたのツイートが広告に? Twitterがユーザーの声を活用した広告を開発中

※ 嬉しい無料教育プログラム!大手ハンドメイドECモール「Etsy.com」で、夢のショップオーナーへ

1ページ目から読む