美術館をオフィスにして右脳を刺激? クラウドファンディングで30分で目標額を達成した「働ける美術館」とは

「働く美術館」というコンセプトが支持された

GOB Incubation Partnersと至峰堂画廊銀座店が共同開発した『ARTHOUSE』は、「働ける美術館」をコンセプトにした、新しい形態の美術館のプロジェクトだ。

この『ARTHOUSE』がクラウドファンディングサイト『Makuake』でプロジェクトとして公開されると、わずか30分で目標額に到達してしまったのだ。

Makuake

source:http://prtimes.jp/

 

アートのある環境で仕事をする、というコンセプトが共感されたようだ。

『ARTHOUSE』はビジネスパーソンが、より創造的な仕事を行える環境として、絵画が飾られた小さな美術館的空間を提供するために、主にワンルームなどの遊休スペースをリノベーションして活用する。

 

4月にオープンする1号店でのサービス内容としては、午前7時~午後11時まで営業する。6名収容可能だが、貸切の場合は8名まで利用可能と言うことだ。

特徴として、飾られる絵画を事前にウェブ予約できることや、チームでの会議などで利用する為に貸切にすることも可能だ。

『ARTHOUSE』に、賃貸として提供したワンルームのオーナーは、美術館のオーナーとしてオーダーメイド美術館を作ることもできる。

1ページ目から読む