廃棄物回収を効率化!IoTとビッグデータ分析を組み合わせたゴミ箱ソリューションとは?

フィンランド発のスマートシステムが、いよいよ世界へ本格進出

『Enevo』は、2015年、サンフランシスコ、ロンドン、東京にオフィスを新設し、北米やアジアにも本格的に進出。

これまでに、フィンランド、チェコスロバキア、米国など、35カ国にわたり、4億3,400万カ所の収集コンテナや回収場所に専用センサーを設置している。

廃棄物の回収や運搬の効率化は、世界各地が抱える課題であり、時間やお金といったリソース面のみならず、地球環境や社会インフラにも、少なからず影響を及ぼす。

テクノロジーを効果的に活用した『Enevo』の取り組みは、廃棄物の回収や運搬のイノベーションとして、今後も、注目を集めそうだ。

 

【画像・参考】

Enevo

Enevo in 2015 – Enevo

【関連記事】

※ 【未来探訪#007】便利さが普及のカギ!DMM.make AKIBAが考えるIoT

※ この料理はグルテンが入ってる?あっという間に検査してくれるスマホ連動キット登場

※ この財布なら置き忘れてもスマホがアラート!ウェアラブルIoTウォレット「Walli」

※ トヨタ「つながる技術」強化、次世代のキーワード「コネクテッド・カー」に迫る

※ 【CES 2016】Bluetoothで家の中を支配せよ!画期的なルーター「Cassia Hub」

1ページ目から読む