BMWが2&3シリーズのPHEVモデルを国内同時投入!エコカー戦略を拡大

2.0L直4ツインターボ+電動モーターの『330e』

P90194336_lowRes

source : https://www.press.bmwgroup.com/

 

一方、3シリーズセダンの『330e』。

こちらには、前輪を駆動する2.0L直列4気筒ツインターボエンジンを搭載する。

最高出力は252psで、8速オートマチックミッションを採用。前後50対50の重量配分などによる、スポーティで俊敏なハンドリングも魅力だ。

P90194363_lowRes

source : https://www.press.bmwgroup.com/

 

電動モーターは同じく88psを発揮する『eDrive』で、こちらも後輪を駆動。エンジン動力なしで約40kmの航続距離を実現する。バッテリーも同じくリチウムイオン式だ。

価格は、5,540,000円~5,990,000円。

P90194646_lowRes

source : https://www.press.bmwgroup.com/

 

BMWは、以前FUTURUSでもお伝えした通り、EVやPHEV用の充電ステーションの、意欲的な設置活動が国連で表彰されたばかり。

2016年中には、フラッグシップの7シリーズにも、PHEVを投入することを発表。PHEVやEVの販売シェア拡大にも積極的だ。

フォルクスワーゲンが例の燃費偽造問題で揺れている今、次世代環境車を推進している、トヨタをはじめとする国産メーカーにとってライバルとなるのは、やはりBMWか。

 

エコカーを制するものが世界を制する?

 

【参考・画像】

BMWが新しいプラグイン・ハイブリッド・モデルを2車種同時発表 – BMW GROUP

【関連記事】

※ 「BMW i」の北米EV充電ステーション、気候変動問題への貢献で国連から賞を獲得

※ トヨタとホンダ、両雄の2016年以降のキーワードは「電動化」?次世代PHV開発は加速するか

※ 月はいつもそこにある!Audiがムーンローバーで月面探査へ

※ 次世代環境車「PHV」増強を急ぐホンダ、米GMとの共同開発を深化

※ 複数台のEV・PHVを効率的に充電制御!名古屋空港で実証試験

1ページ目から読む