【未来探訪#009】台風で発電!エネルギーシフト時代に挑む「下町風力発電」チャレナジーの挑戦

プロペラがないから台風でも壊れない!?

--プロペラ式風力発電機より良いということでしょうか?

清水氏、

<プロペラ式の風力発電機は、強風や風向きの急激な変化(乱流)に弱いんです。

強風や乱流が多い日本では、回り過ぎて暴走し支柱やプロペラが折れてしまうので、台風が来たときなどは稼働を停止することも多い。

それでも、毎年のように台風などにより、壊れる事故が起きています。>

 

shutterstock_130551422

source:http://www.shutterstock.com/

 

清水氏、

<現在、風力発電機はほとんどがプロペラ式を採用し、多くは欧米諸国で作られています。

歴史的にも、1890年にデンマークで、“風力発電の父”ポール・ラ・クールによって世界初の風力発電機が作られたこともあって、欧州では日本に比べて普及しているんです。

ですが、欧州は、大陸という地形的な面と偏西風の影響などで、比較的風が穏やかで、風向きも安定しています。一方、暴風(台風)、乱流、落雷が多い日本では、設備利用率が低い(約20%)のが現状です。

そこでマグナス式。プロペラがないから強風でも停止する必要がなく、しかも垂直軸だから風向きの影響も受けない。これにより、設備利用率を上げることができ、さらに台風でも発電できる可能性があるんです。>

challenegy_youtube

source : https://www.youtube.com/

1ページ目から読む