船の帆から着想!低コスト高パフォーマンスな「ブレードのない風力発電」とは?

新たなテクノロジーの活用で風力エネルギーのさらなる普及へ

認定NPO法人環境エネルギー政策研究所(ISEP)によると、日本の風力発電量は、2012年時点で、86万キロワット。

全発電量のうちのわずか0.44%にとどまっている。現状1%にも満ちていないのだ。

従来の風力発電ソリューションに加え、『Saphon Energy』のような、新たなテクノロジーや手法を積極的に活用することで、日本でも、風力エネルギーの活用をさらに推進することができそうだ。

 

【画像・参考】

※ Saphon Energy

※ Microsoft partners with Tunisian start-up; Saphon Energy at this year’s Global Entrepreneurship Summit (GES) – 4Afrika

※ 自然エネルギー白書 2014 – 認定NPO法人 環境エネルギー政策研究所

【関連記事】

※ 【未来探訪#009】台風で発電!エネルギーシフト時代に挑む「下町風力発電」チャレナジーの挑戦

※ 風車は必要なかった!? 風力発電システムの進化系

※ 日本発ペロブスカイト太陽電池に米大学が挑戦状!ハイブリッド構造で発電効率向上

※ 蓄電こそが世界を救う?「フロー電池」を6割もコストダウンできる技術が登場

※ 人工太陽への第一歩?ドイツで実験用新型核融合炉が稼働

1ページ目から読む