健康にも神経にもGOODなスタンディングデスクを簡単に実現しよう

学術研究が教えるスタンディングデスクのメリット

数年前にアメリカで実施された10万人を対象にした調査では、1日に6時間以上座るグループは、3時間以下のグループに比べて、主として心血管疾患などによって死亡しやすいことが判明したという。

座る時間と死亡の関係は、日常的に運動している人物を対象にした場合でも同様の傾向が見られたという。1日に6時間以上といえば、日本の多くの会社員がこのカテゴリーに属しており、他人事ではない。

座ることの影響についての興味深い研究がもうひとつ。

つい先日、学術論文誌に発表された、スタンディングデスクの使用と前頭葉機能における変化の関連を調べた研究。これによると、デスクの継続的利用が脳の実行機能およびワーキングメモリの進歩とつながっていたという。

詳細な内容については今後の研究の進展を待ちたいが、これが本当であれば、頭の働きという意味でも仕事上でプラスになりそうにも思える。

 

段ボール製の折り畳みデスク「Oristand」

話は戻って、そこで今回の『Oristand』である。

段ボール製で折り畳み可能なこちらのデスク。ふだん使っているデスクの上に組み立てて使うので、気分やシチュエーションに合わせてスタイルが変更できる。

source:https://vimeo.com/

 

実際には“組み立てる”というほどのこともなく、畳まれた状態の『Oristand』を広げるだけでOKだ。

ノートPCを置く最上部の一段下には、マウスやキーボードを置くスペースも設けられている。段ボールながら、27kgまでの耐荷重と強度的には十分だ。

SNS管理ツールの『Hootsuite』CEOであるRyan Holmes氏が開発。彼自身が、段ボールと電話帳で即席スタンディングデスクをこしらえていたことから着想を得たそうだ。

現在、北米向けに1つ25ドルで販売中。これまでのデスクと比べても高すぎるということはないだろう。

ひとつ付け加えてくと、スタンディングデスク導入への反応として、クリエイティブなアイデアよりも足の痛さが気になる、一日の後半には体の疲れで仕事どころではなくなる、といった体験談が散見されるのも事実だ。

初めてスタンディングデスクを実際に使用した感想は、個人によって変わってきそうだが、価格・設置の簡単さを考えると、『Oristand』は最初の導入テスト的な使い方にも向いているのではないだろうか。

国内での取り扱いに期待したい。

 

【参考・画像】

oristand

Standing Up for Learning: A Pilot Investigation on the Neurocognitive Benefits of Stand-Biased School Desks – IJERPH

【動画】

※ Oristand – Vimeo

【関連記事】

※ 室温20℃でも暖かく!環境省×モンベルで「ウォームビズ」を推進

※ オフィス快適!ナノ技術を使った窓ガラスなら清掃コスト不要、しかも暖房コスト最大4割カット

※ 美術館をオフィスにして右脳を刺激? クラウドファンディングで30分で目標額を達成した「働ける美術館」とは

※ 医療の現場を支える「ウェアラブルチェア」が、より確かな手術を支える

※ 氷で薄くなったりしない?美味しい濃厚アイスコーヒーをたった1分で作る方法

1ページ目から読む