酒は飲んでも飲まれるな!お酒のペースをアドバイスしてくれる「学習型アルコールガジェット「TISPY」

お酒のペースをアドバイスしてくれる

『TISPY』は、学習型のアルコールガジェットである。アルコールセンサーを内蔵し、メモリーカードと組み合わせることによって、体内のアルコール濃度を測定・データの蓄積ができるアイテムだ。

使い方はカンタンで、メモリーカードをセットし、お酒を飲んだ際に『TISPY』に息を吹きかけるだけ。

TISPY_04

source:https://www.makuake.com/

 

翌日「二日酔いになったかどうか」を入力することで、『TISPY』がユーザーのアルコール摂取ペースを学習し、パーソナライズされた提案をしてくれるようになる。

次の飲み会中に『TISPY』を使えば、「今日はペースが速いよ」、「そろそろ水を飲んだ方が良いよ」などアナタにあったアドバイスをしてくれるようになるのだ。

翌日も見越したペースでお酒を嗜むことによって、アナタの「酒癖の悪さ」は改善することだろう。

TISPY_02

source:https://www.makuake.com/

 

さらにメモリーカードは無線LANを内臓したFlashAirをセットすると、スマートフォンのWebアプリと連動して、詳細な設定やデータを確認できるようになる。

TISPY_05

source:https://www.makuake.com/

 

たとえば、過去のデータログを参照し、飲み過ぎの日には休肝日などを設定する機能や、酔いが覚めるまでの時間を予測してくれる機能などが搭載される。

TISPY_03

source:https://www.makuake.com/

 

また『TISPY』の特徴として、プロダクトデザインとしてのスマートさも挙げられるだろう。

ポケットサイズなので気軽に持ち運びができるのが良いところだ。

スマートに取り出せば、お酒の場の注目を集めるアイキャッチさがある。合コンなどで他の人の呼気などを測って上げれば盛り上がりそうだ。

TISPY_06

source:https://www.makuake.com/

 

『TISPY』は現在クラウドファンディングサイトのMakuakeで資金募集中だ。9,800円サポートすると『TISPY』とFlashAir(8GB)のセットを購入する権利が付与される。納期は2016年10月を予定しているそうだ。

お酒で失敗しがちなアナタでも、こんなスマートなガジェットがあれば自分をコントロールしやすくなるだろう。

お酒におぼれず嗜むことによって“デキる大人”への一歩を踏み出して欲しい。

 

【参考・画像】

TISPY – Makuake

【関連記事】

iPhone/iPadはスマートに持ち運ぶ。定期も、ペンも、スタイラスも

MITが開発した「スマートな包帯」は衛生の未来を変えるか

音楽が見えるように!? スマートヘッドフォン「ORA-X」がスゴい

探しモノは何ですか?見つけにくいモノはiPhoneで検索!「iBeacon」を活用したスマートステッカー

子どもの創造力を高める!世界的建築家が手掛けるスマートな積み木が登場

1ページ目から読む