​VRは、医療業界をどこまで変えられるか?

ゲームや動画など、エンターテイメント業界で特に注目されている、VR(Virtual Reality)。実は医療業界でも、積極的な活用が進められていることをご存じだろうか。

 

VRを用いて「臓器の感覚」を体験できる

イギリスのRoom One社が昨年発表した医学生向けのVRヘッドセットでは、触覚を再現できる手袋などを利用して、「外科医が臓器に触れるとどのような感覚なのか」を体験できるようになっている。

動画では、患者の体の模型から遠く離れているユーザーがVRヘッドセットを付け、ロボットのアームの上下の動きに合わせて手を上下させているのが分かる。

遠隔操作で動かすロボットアームの先端にはセンサーが搭載され、そのまわりには360度カメラを設置。センサーが収集した触覚に関する情報は、医師が装着した手袋に送信され、触覚が再現される仕組みになっている。

360度カメラの情報がVRヘッドセットに送信され、医師は患者の体を遠隔で、リアルに確認できるようになっている。

これがあれば、いつか医師が手術室にいなくとも、ロボットと患者さえいれば手術が可能になる未来が来るかもしれない。

 

未来の医師の教育にも、VRは貢献する可能性を秘めている

手術というのは、医師・患者双方にとって全く同じものはない一度限りの経験であり、失敗はすなわち死を意味する、という場面も少なくない。そんな現場において、VRは医師・患者の負担軽減と、学生の教育において非常に役立つ。

負担の軽減という側面において、医師は手術中にMR(Mixed Reality)を用い、VRとして表示される患者の身体と現実の患者の身体を同時に確認することで、肉眼での確認が不可能な部位をVR上で確認し、リスクを減らすことができる。

また患者は、ロボットアームを用いた手術を受けることで切開部が短くて済み、身体にかかる負担を軽減することが可能だ。

医学生は、手術映像をもとに作られたVRによる手術シミュレーション経験や、人体の構造がどうなっているか、臓器がどのように配置されているかなどをリアルに観察する経験を積むことができる。これらは設備が整っていない環境においても行うことができるため、教育機会の拡大にもつながる。

 

VR治療の研究は、まだまだ途中段階であり、上記のほかにも薬物乱用などによる妄想の治療に関するデータは、少数だが有望な結果が出ているという。さらに、摂食障害の治療に応用できる、という見込みもある。

底知れない可能性を秘める「VR×医療」の今後に、目が離せない。

 

【参考】

Room One社HP