岩渕潤子エキスパート

『アグロスパシア』(http://agrospacia.com/)編集長、青山学院大学客員教授。NYのホイットニー美術館でのヘレナ・ルービンスタイン・フェローを経て『NY午前0時 美術館は眠らない』(朝日新聞社)を出版。
フィレンツェ、ロンドンで研究を続けながら、執筆活動を開始。
専門領域は美術館運営・管理と文化施設の情報デザイン、富裕層マーケティング、多様性とソーシャル・インクルージョンなど。静岡文化芸術大学准教授、慶應義塾大学教授を歴任の後、現職。
著書に『美術館で愛を語る』(PHP新書)、『ヴァティカンの正体: 究極のグローバル・メディア』(ちくま新書)ほか多数。