政治/経済

「見積もりもずさん、管理もずさん」アベノマスク保管費用に6億円…

2020年3月以降に各世帯や医療施設、介護施設に向けて配布されたアベノマスク。マスク不足による国民の不安を解消するものとして支給されました。

しかし、報道(※1)によると、約8,200万枚が倉庫に保管されている状況であることが判明したようです。一体なぜこのような事態になってしまったのでしょうか。

政府配布マスク8,200万枚が保管判明

画像:Ystudio/PIXTA(ピクスタ)

日本経済新聞の報道(※1)によると、「新型コロナウイルスの対策事業について会計検査院が検査し、介護施設などに配るため政府が調達した布マスク約1億4千万枚のうち、今年3月末時点で約8200万枚(約115億円相当)が倉庫に保管されていたことが26日、関係者への取材で分かった。昨年8月~今年3月の保管費用が約6億円に上ることも判明」とのこと。

保管費だけで6億円もの税金が必要になってしまったという政府支給のマスク。コロナ初期に起きた店舗でのマスク不足や高額転売に対抗する手段として配布が決まりましたが、国民や政治家の間でもあまり普及しなかったように思えます。

理由として、感染予防確率を下げるためには不織布マスクの方が効果的であるという見解が広がっていることも関係しているのかもしれません。配布の際に余剰となる可能性を見通すことはできなかったのでしょうか。

政府配布マスク余剰に対する人々の意見

画像:Ryuji/PIXTA(ピクスタ)

Twitterではこの報道(※1)に対して、様々な意見が寄せられていました。

「足りないよりは〜って余る枚数じゃない。見積もりもずさん、管理もずさん、そして責任の所在もずさん」という批判の声も。過剰枚数のあまりの多さに圧倒されている人もみられました。

一方で「うちの母は不織布マスクが苦手で、布マスクを使い続けていますよ。放出するなら喜んでいただきます」という声も上がっていました。廃棄では無く、必要に応じて再配布することも検討できるのではないでしょうか。

さらに、「このおかげでマスクの転売ヤーは滅んだ。マスクは災害時に感染予防や解体してガーゼとしても使える。備蓄しておけば良い」という意見も。マスクとしての利用だけではなく、災害時に緊急の際への利用も可能かもしれません。

それに、コロナ禍で災害が生じた場合、物流が滞りマスク自体が不足してしまう可能性もあります。そのような時に政府配布の布マスクがあれば助けになるでしょう。どちらにせよ、備蓄しておいて不便はないとの声も多く寄せられていました。

政府配布マスク余剰に対する人々の意見

このような事態になってしまった原因として、コロナ初期である当時は、まだ不織布マスクの供給状況の見通しがたたなかったことや、政府の予想よりも早く流通が回復したことなどが考えられます。

しかし、大量に在庫となってしまった場合のマスクの使い道も考えておけば、管理費用がここまでかさむこともなかったのではないでしょうか。コロナ禍での災害に備えた備蓄用としての用途や、救援物資としての利用を検討してみるのが良いように思えます。一方でコロナの影響が続くなかでは、感染状況によって物流が滞り、再び布マスクの必要が生じるようなことも考えられます。

いずれにせよ、税金を無駄にしないためにも“廃棄”という単純な選択ではなく、国民のニーズに合わせた再利用の方法を考えるべきでしょう。すべての人が納得する方法は難しいかもしれないですが、少し先を見据えた政府の決断が求められています。

【画像・参考】
※1 政府配布の布マスク、8200万枚・115億円分余剰 検査院: 日本経済新聞
@ayumu2019@chizngo@Pantherapardu19/Twitter
※Master1305/Shutterstock、Ystudio・Ryuji/PIXTA(ピクスタ)