IT/テック

組み立てて育てる!3Dプリンターで作る小さな人型ロボット「PLEN2」

親しまれるロボット社会を目指す

本稿執筆時点では、既に『Kickstarter』と『kibidango』で目標額を達成しているので、製品化は間違いないだろう。予定では2015年11月頃から配送が始まる。

親しまれるロボットPLEN2

『PLEN2』は初心者から上級者までを対象としたキットなので、販売タイプも複数あり、既に組み立てられている完成版から、すぐに組み立てられる標準組み立てキット、あるいはユーザーが3Dプリンターでパーツを出力するキット、コントロールボードのみなど、様々なオプションが揃っている。

従って、購入者は自分が『PLEN2』組み立てのどの段階から参加したいのかによって、キットのタイプが選べることになる。このように『PLEN2』は、ロボットが親しみを持たれる環境作りに貢献していくのだろう。

 

【関連記事】

※ 子供にプログラミングを楽しく学ばせる知育ロボット「little robot friend」

※ これ飼ってプログラミングの勉強したい!と思わせる虫型「知育」ロボット

※ ペンで描いた場所がセンサー化?血糖値や有害物質を計測するバイオインク

※ 究極のワイヤレス!「ながら充電」が電気自動車の電欠を解消する

※ ナミダは操れる!ドライアイから解放してくれる涙腺インプラント

【参考・画像】

※ PLEN2, the world’s first printable open-source humanoid. by PLEN Project Committee – Kickstarter

※ 誰でも作れる小さなヒューマノイドPLEN2で、ロボットと暮らす未来をみんなに届けたい!  – kibidango