IT/テック

水素リーダー都市の福岡で「下水で走る」エコカー登場か

二酸化炭素は地域の農業で有効活用

水素を作るステップのなかで、“二酸化炭素を除去”するとお伝えした。その二酸化炭素はどうするのか。福岡市の取り組みでは、二酸化炭素を液化して回収する設備が導入されているそうだ。

この二酸化炭素は地域のハウス栽培施設に届けられ、農業に活用される。農業ではハウス栽培のために二酸化炭素を購入することもあるが、ここでは二酸化炭素も地産地消されることになる。

結果、このシステムは温室効果ガスの排出量よりも吸収量の方が多くなる“カーボンポジティブ”なものとなる。両者が同量になることを指す“カーボンニュートラル”よりもさらに低い環境負荷で水素を安定的に供給することが可能になるのだ。

 

福岡から全国へ

今回ご紹介した取り組みは国の実証事業だ。下水道革新的技術実証事業(B-DASHプロジェクト)のなかで選定された産官学連携のプロジェクトで、『水素リーダー都市プロジェクト』と呼ばれる。

産官学の役割分担では福岡市が用地とバイオガスを提供する。そして九州大学と三菱化工機株式会社が水素の製造技術面を、豊田通商株式会社が事業化を担当するという。地域農家も含めると産学官民が連携するかたちとなる。

水素製造はこの春から実際に開始するという。この実証実験が実用化されれば、他の下水処理場にも水素ステーションが作られ、現在トヨタが販売するMIRAIといったFCVがより普及しやすくなるかもしれない。みなさんが街の下水で車を走らせるようになる頃には、水素社会はわたしたちのより身近なものになっているだろう。

 

【関連記事】

知らないと損する!初心者向け「FCVの仕組み」まとめ

※ 次世代エコカーのFCVとPHV、結局選ぶべきはどっちなのか?

※ 染色体のテロメアを伸ばす手法で「若返り」が本当にできてしまいそうだ

※ 開くと即起動!マイクロソフトの「二つ折り」携帯キーボード

※ 羨ましい!今の子供は「3Dプリントペン」で空中に立体を描ける

【参考】

※ 下水道革新的技術実証事業(B-DASHプロジェクト)の実施技術の選定について- 国土交通省

水素リーダー都市プロジェクト – 福岡市

※ 水素がつくる未来を形に- 三菱化工機株式会社