IT/テック

世界初!訪日外国人向けの「プリペイドSIM」自動販売機が登場

最短2分で開通できるSIM自動販売機

『Prepaid SIM for JAPAN』自動販売機の最大の特徴は、購入したSIMの開通機能が備わっていることだ。これは世界初の試みになる。

shutterstock_210042937

パスポートスキャナが内蔵されているため、SIMの開通手続きに必要な契約者情報の入力の手間が大幅に削減される。また、操作するタッチパネルは英語と中国語に対応しているため、日本語がわからない人でも契約者情報の登録などが容易で、購入しやすい。

しかも決済で現金を使わず、クレジットカードを使うため、SIM購入のために慌てて両替をする必要もない。クレジットカードはVISA、Master、JCB、American Express、Diners Clubの5種類に対応しているため、多くの外国人が利用できるだろう。

SIMカードには2つのタイプがあり、滞在期間に応じて7日向けと14日向けがある。共に利用容量は100MB/日で、容量をオーバーしても追加料金があるわけではなく、通信速度制限が上下200kbpsに制限されるだけだ。SIMカードのサイズには標準、micro、nanoの3タイプが用意されている。

『Prepaid SIM for JAPAN』自動販売機の設置場所は、お台場のAQUA CITY ODAIBAの3階と新関西国際空港の第一ターミナル1階の南到着口にあるInternet&Telephone コーナーの2箇所だ。