IT/テック

絵が苦手な人の必需品?壁や曲線にも対応できる自動描画ロボット

4つのタイプに変形して様々なデザインをカバー

そのロボットは『mDrawBot』というキット式のもので、中国を拠点に活動するMakeblockが開発を手掛けている。

02-04-2015_14-591-horz-vert

全4形態の特徴をご紹介しよう。

1つ目の形態は『mSpider』というもので、クモのように壁などの垂直面を這うように描画ができる。紐の部分を伸ばせば、長いサイズの垂直面にも描くことが可能。

2つ目の『mScara』は平らな面に描画することができる。レーザーの装備も可能で、レーザー彫刻のデザインも作ることができる。

3つ目は『mEggBot』という球体専用のロボット。プリンターなどでは曲がった面にデザインすることは難しいので様々な用途が考えられる。

4つ目の形態は『mCar』というもので、車型ロボットの走る軌跡をそのまま絵にすることができる。

ロボットの使用方法はいたって簡単で、専用ソフトをパソコンにインストールし、描きたいイラストをインポートして『mDrawBot』にデータを転送するだけ。イラストは自由にサイズを設定できるので様々な大きさの物にデザインを施すことができる。

 

みんなが自由にデザインを楽しめる時代がくるかも

このロボットが正式に製品化されて広く普及することがあれば、多くの人がデザインという作業を楽しめる時代がくるかもしれない。

02-04-2015_14-01 1

また、企業などで採用されれば効率化も図ることができるので、日本などのキャラクター製品が多く流通している国にとっては非常に心強い存在となる可能性を秘めているだろう。

この『mDrawBot』は現在『Kickstarter』で目標額を大きく上回る出資額を得ており、順調なスタートを切れているようだ。

 

【関連記事】

※ 組み立てて育てる!3Dプリンターで作る小さな人型ロボット「PLEN2」

※ 壁や床がゲームになる?子どもの好奇心を刺激するプロジェクター「LUMO」

※ 犬にとっては迷惑か?スマホで遠隔操作できるLED搭載ドッグベスト

※ 子供のやる気スイッチとなるか?遊びから学ぶ知育キット「MudWatt」

※ 4つの形態にトランスフォームする次世代ビークル「ILY-A」

【参考・画像】

※ mDrawBot – Kickstarter