IT/テック

新社会人のクルマ選びは、すでに次世代へ

数年内にエコカー購入を目指す新社会人はPHVを選ぶ

各車種を選んだ理由については、「デザインが良いから」がトップで、単に燃費の良さだけでなく、デザイン性についてもクルマ選びの基準に置いている様子が覗える。また、今回の調査でPHVに関心を持っている人は、「5年以内に購入したい」と具体的な購入時期を考えている人が多いことも判明した。

新型プリウスが年内に、同PHVが2016年までにモーター走行距離が現行モデルの倍になって登場するとの憶測が流れるなか、新社会人の関心はまもなく世界的なトレンドになると予想されているPHVにいち早く向かっているのかもしれない。

 

【関連記事】

※ BMWが「次世代の本命PHV」の増強でCO2排出量削減に挑む

次世代エコカーのFCVとPHV、結局選ぶべきはどっちなのか?

次世代自動車の本命はPHVなのか?

※ スケボーですらない「車輪型乗り物」は日本でも流行るか?

※ モーションセンサーやOBD接続で「レー探」が大きく進化している

【参考・画像】

※ 新社会人のクルマ選びは、すでに「次世代」へ!? – 株式会社ライフメディア

トヨタ自動車株式会社

※ 本田技研工業株式会社