IT/テック

体内を巡る医療用ドローンが開発!心臓発作や脳卒中の予防に役立つか

治療のために体内を巡るドローン

科学者達が開発したた『マイクロスコピック・ドローン(microscopic drones)』は、体内を巡って動脈の問題を見つけ出してくれる。その目的は、心臓発作や脳卒中の予防のために、動脈の損傷を修復することだ。

この『マイクロスコピック・ドローン』のサイズは、人の毛髪の1,000分の1だといい、プラスチックに近い素材でできている。『マイクロスコピック・ドローン』は心臓病の原因となる、脂肪やコレステロール、カルシウムから作られている動脈のハードプラークに到達するように設計されている。

そして目標に到達すると、『マイクロスコピック・ドローン』は炎症による損傷を治療するために、天然タンパク質に由来する薬物を放出するのだ。既にマウスによる実験が行われており、この治療方法を5週間行った結果、血管を塞ぐプラークをほぼ取り除くことができたという。

研究リーダーのOmid Farokhzad博士らは、この研究成果は動物モデルにおけるアテローム性動脈硬化症を低減させるナノ粒子技術の初めての例であると語っている。このナノ粒子は、医療製品として承認された生分解性ポリマーから作られており、時間が経つと体内で溶解する。

 

SFのような治療技術が現実になる

研究チームは人での試験のために、『マイクロスコピック・ドローン』の薬物送達を最適化し、より効果的な抗炎症薬をパッケージ化する研究を続けていくという。

Omid Farokhzad博士は、この研究はエキサイティングな時間であるとし、ナノメディシンの未来が信じられないほど明るいのだと語っている。

私たちの体の中を、ドローンが治療しながら動き回るとは、まるでSFの世界だが、着実に現実になろうとしているようだ。

 

【関連記事】

※ ちょっとヤバい「タバコモザイクウイルス」が発電所の効率UPに貢献するかも

※ 医者嫌いならスマホで健康管理できる「VITALITI」はどう?

※ 世界初のスマートドローン!? ・・・その名も「SOLO」

※ スマホで尿検査してみる?ヘルスケアは自宅で簡単&スピーディに

※ 水素社会への第一歩!未来型ショールームがオープン

【参考・画像】

※ Drones could be used to seek out arteries to prevent heart attacks – Telegraph