IT/テック

英研究でとっさに左右がわからなくなる現象理由が解明?

左右の識別能力低下の原因

ところで、この左右の混乱は、外部の刺激から隔離された状態では起きにくい。医療現場のような、騒々しく複雑な環境でおきるというのだ。

例えば医師は、常に気を逸らされる要因にさらされている。同僚からの相談、患者の親族からの質問、医療機器の電子音など、混乱させられる原因がたくさんある。そこで医学生を対象に、外部からの刺激が左右の識別に影響を与えているかどうかの調査が行われた。

imasia_10925351_S

調査対象は234人の医学生だ。彼らを医療現場の騒々しい環境に置き、質問をして注意力を妨げてみた。そして注目すべき結果を得た。一部の医学生に至っては、周りの騒々しさだけで、左右の識別能力が低下したのだ。

さらに質問によって注意力を削いだ場合、左右の判別能力はさらに低下し、それは年齢が高いほど、あるいは女子学生であるほど影響力が大きかった。

そしてこれらの結果は、医学生達が自分では大丈夫だと自信があったにもかかわらず、左右の判別能力が低下したことを示した。自分たちが思っているほどに、正確な判断ができていないということだ。

 

左右の識別能力低下への対処

ところで、左右を区別する能力に問題があると自覚している人達は、自分なりの解決策を持っている。例えば人差し指と親指を直角に開いたとき、“L字型”に見える方が左、といった具合だ。しかし、こういった解決策はいつでも使えるとは限らない。

特に医学生は、医療現場の騒々しさの中でも左右を間違わないように訓練するか、あるいは医療現場側もできるだけ注意力を削がないような環境を整えるようにすべきである。

また、自分に左右の識別能力に難があることを、早めに知っておく必要がある。あなたは、どんなときでも左右を識別できていますか?

 

【関連記事】

※ 気が散って集中できない?そんな時に脳トレができるメガネはいかが

※ 体内を巡る医療用ドローンが開発!心臓発作や脳卒中の予防に役立つか

※ 睡眠中に地図を再構築?脳内で「ナビ機能」がリプレイしていることが判明

※ デバイスと一体化する日は近い?脳波で開閉する皮膚のようなヘルメット

※ 家電の脳波コントロールが現実味を帯びてきた

【参考】

※ Do YOU struggle to tell your left from your right? You’re far from alone, says academic – Daily Mail Online