IT/テック

日本発!新型太陽光電池「ペロブスカイト」が世界で話題に

シリコン系太陽電池の発電効率を上回る

今年に入り、独立行政法人物質・材料研究機構(NIMS)の開発チームであるナノ材料科学環境拠点(GREEN)がペロブスカイト太陽電池の製造プロセスで製品バラつきの原因となる水分や酸素を排除することで、理想的な半導体特性を実現。

また東京大学の瀬川浩司教授は壁や人が発する赤外光を吸収して発電する“色素増感型”太陽電池を『ペロブスカイト太陽電池』と組合わせることで、シリコン系を超える発電効率の高い太陽電池の開発に成功している。

こうした現状を踏まえ、宮坂教授は前述のEVなどのバッテリーカーへの応用や、室内光だけで作動するPCなどのIT機器が誕生する可能性があるとしている。

『ペロブスカイト太陽電池』は今や世界中が注目しており、日本発の画期的な発明だけに国家レベルで実用化を後押しすべき状況といえそうだ。

 

【関連記事】

太陽電池セルの発電効率が46%となり世界記録を更新

太陽光発電の効率を25%向上させる技術が日本で登場

太陽光パネルでできた自転車道がオランダに登場

太陽光発電パネルを「透明」にしてみたら可能性がグンと拡がった

佐賀県にメガソーラー設置無料の自動車専用道路が登場

【参考・画像】

※ 再生可能エネルギー ― 沖縄の未来の子ども達へ ― – コノイエ | 沖縄タイムス

※ Okinawan renewable energy “Sonia and Perovskite” | 4K | 沖縄の再生可能エネルギー『ソニアとペロブスカイト』

桐蔭横浜大学 宮坂研究室

独立行政法人 物質・材料研究機構(NIMS)

ナノ材料科学環境拠点(GREEN)

OIST 沖縄科学技術大学院大学