IT/テック

スターウォーズの乗り物そっくり!空飛ぶ電動バイク「Flike」が実験成功

6つのローターで有人飛行する

実験したプロトタイプは離陸重量(離陸できる重さ)240kgで、3つの軸に各2つ、計6つのローターを装備し、飛行やホバリングを行う。動力には電動ディスクモーターを使用。電力は、搭載されたリチュウムポリマーバッテリーから供給される。飛行中は、機体の安定性や位置、高度などをコンピューターで管理し、操作性は自転車に乗るように簡単だという。

flike04

3月の実験では、高度はたいしたことはないが、確実にバイクは浮き、1分31秒のホバリングに成功。最終的には、ホバリング飛行で約15~20分、30~40分の巡航飛行が可能になるという。

 

市販モデルは大型ドローンタイプに

実験の成功に気をよくした開発チームは、早速、次の段階に進み、プロトタイプ第2号は、もっと市販モデルに近いデザインにするつもりだという。

その市販モデルだが、イメージ画像を見ると、大型のローターを囲んだ丸い3つのフレームをつなぎ合わせたようなカタチで、人はその中心部でハンドルを握ってフライトするデザイン。

見た目は、スピーダーバイクというより大型のドローンだ。う~ん、こっちもなかなかカッコイイ。

flike03

前述の通り、このホバーバイクは市販化を念頭に開発されている。そのために、開発チームは、投資家を積極的に探し、新規にスタートアップ企業を作ることも視野に入れているそうだ。

実際に市販化される場合は、高度や飛べる場所などの規定が必要になるだろうが、高所恐怖症でなければ絶対に楽しそう。今後も興味津々だ。

 

【関連記事】

※ 時速150km/hで航続距離100kmを目指す「高速遠距離飛行」型ドローン

※ まるで空飛ぶ水筒?新しい形状のドローンは非常にポータブル

※ 宇宙好きなら参加したい?海外クラウドファンディングで注目の太陽光で動く宇宙船「LightSail」

※ FCVだけじゃないクルマが進む「もうひとつの未来」とは

※ 何に使われる?10基のプロペラを持つ垂直離着陸機をNASAが開発中

【参考・画像】

Flike