IT/テック

タミヤ「トヨダAA型」にみるプラモデル設計今昔物語

最終的には職人の技

tamiya

アナログからデジタルへ、コンピューターの普及と発展にともない設計手法が進化した。しかしいずれの時代もかかわるのは職人であり、また作るのも人間である。プラモデルを作る楽しみ、精密な再現をすることで憧れの自動車、飛行機、戦車などを手にするよろこびはどの時代も変わらない。

昔プラモデルを楽しんだ人もこの機会に改めて、最新技術を使って作られたプラモデルに触れあうのもいいのではないだろうか。

 

【関連記事】

※ フィアットクライスラーの圧縮空気ハイブリッドシステム車「SRT トマホーク」

※ スターウォーズの乗り物そっくり!空飛ぶ電動バイク「Flike」が実験成功

※ 3Dプリンターは服だって作れる!衣服専用の印刷システム「Electroloom」

※ MITが開発した「チーター」は走って飛べる凄いロボ

※ ありそうでなかった「1台2役モビリティ」!真っ二つに分かれてバイクになる自動車

【参考・画像】

※ トヨダ AA型 – TAMIYA