IT/テック

今、なぜナノファイバーが食品業界が注目されているのか

補助食品化合物の新たな製品や運搬システムに寄与

イギリス・リンカーン大学とイランの食品科学技術研究所の共同チームは、学術専門誌『Food Hydrocolloids』に、食品に応用するのに適した“エレクトロスピニング法”の包括的な分析を掲載。筆者のひとりであり、長年ナノファイバー製品の研究に携わってきたリンカーン大学のNick Tucker博士は、この論文のねらいが「補助食品化合物の新しい製品や運搬システムに関するデザイン、パフォーマンスを前進させることにあった」と説明している。

栄養素を保護し、消化から守り、目的の部位まで正確に届ける方法としては、これまでにカプセル包装や乾燥、生理活性の化合物などを試したこともあったが、これらの方法の厳しい条件はバクテリアの生存能力を落とし、分子の構造にダメージを与えてしまったそうだ。

 

栄養素が製造過程や消化システムを通過する間保護

“エレクトロスピニング法”を用いれば、プロバイオティクスやビタミンなど体にとって良い成分をコーティングすることができる。この方法は、温度や簡易な構造のため、補助食品化合物の新しい運搬システムとしての可能性を示しているという。

Tucker氏は今回の研究の意義について次のように説明している。

エレクトロスピン製のナノファイバーは、加工から保管の間、あるいは体内の目的の場所に移す過程で、栄養素を保護するための食品運搬システムに使われるだろう。しかし、製品の状態を最適化し、ナノファイバーの質を最大化するためには、エレクトロスピンのメカニズムについての明確な理解が非常に重要だ。

shutterstock_237721321

非常に複雑で専門的にも聞こえる研究だが、現在はサプリメントを利用する人も多いため、実は身近な話題になりつつあるナノファイバー。私たちが摂取する補助食品の吸収を助ける技術として、今後の推移を見守っていこう。

 

【関連記事】

※ やっぱり野菜は体に良い!? 心血管疾患リスク低下を示す最新の研究 …

※ 糖尿病患者に朗報!? 注射よりも痛くなくて持続性の高い「Smart Insulin Patch」

※ ナッツ好きに朗報!「ナッツと死亡率低下」に関する新たな研究結果

※ ユーグレナ「ミドリムシ」のもつ可能性は遂に化粧品にも

※ 眼を傷つけない緑内障・眼球癆の対処法が実現か!? 違和感も感じない「埋め込み式マイクロポンプ」

【参考・画像】

※ http://www.lincoln.ac.uk/news/2015/06/1102.asp