IT/テック

ダイハツ・コペンが見せたコスパでは計れないオープンカーの価値

2代目コペンの独自性

通常モデルチェンジを行う場合、先代のデザインなどを踏襲するキープコンセプトと、刷新をはかるイメージチェンジの2つに分かれる。2代目コペンは先代の丸目ヘッドライトを捨て去り、押し出しの強いデザインで登場した。その大きなイメージチェンジにこれまでのファンからは、当然ではあるが支持されにくいものではあったが、実はひとつ、大きな仕掛けがあったのだ。それがDRESS-FORMATIONと呼ばれる骨格+樹脂外板構造。

copen_DSC_0736-500x350

通常モノコックボディで作られる乗用車は外板自体に強度を持たせるために容易には形状を変化させられない。マイナーチェンジでバンパー、ヘッドライトだけ意匠変更されるのはこの制約からだ。特にリアフェンダーは強度を受け持つのでおいそれとは変更できないのが実情である。

2代目コペンはこの常識を打ち破り、内部骨格ですべての強度を受け持ち、外板は単に外側についているだけという構造にしたのである。外板はコペンの場合樹脂を利用しているが、極端な話、ダンボールだろうが、3Dプリンタで造形しようが構わないのだ。

copen_DSC_0793-500x350

この内部骨格で強度を受け持ち、外板をすげかえられるという発想は他にないわけではない。BMW Z1や、マツダ(オートザム)AZ-1も同様の構造である。しかし実際に外板が用意され、容易に交換できるところまで踏み込んだ例は少ない。AZ-1の場合、マツダ系列のマツダスピードからだされれた程度で、大幅に変更されるまでは至っていない。