IT/テック

レトロな8mmフィルム気分で撮影可能!iPhone動画撮影デバイス「Lumenati CS1」

しっかり持って動画撮影ができる

『Lumenati CS1』と名づけられたこのデバイス。スマートフォンを挿入して使う。形はまるでむかしの8mmフィルムカメラのようだ。しかし、ただノスタルジーのためだけにこの形になっているわけではない。しっかり持ちやすく、安定した動画撮影が可能になるというメリットがある。

CS102

この『Lumenati CS1』のメリットは形だけではない。レンズはスマートフォンのものをそのまま使うのではなく、交換式の専用のものを使用する。広角、魚眼から望遠まで、さまざまな焦点距離、画角のものを交換して使うことができる。口径の大きい専用レンズなので、ちゃんと作られていれば画質はいいはずだ。上部にはコールドシューがついていて、撮影用の照明やマイクなどをマウントすることもできる。

 

スマートフォンならでは利便性も

いっぽうで、各種設定は挿入したスマートフォンのタッチパネルを操作して行う。そのためわかりやすく直感的に設定することができる。アプリを使ってそのまま編集することもできるし、すぐにネット経由でシェアすることもできる。

CS103

デリバリーは2016年2月頃の予定。小売価格は249ドルからになるようだ。使えるスマートフォンは手はじめにはiPhone6のみだが、資金集めに成功すれば、ほかにも対応機種を広げていきたいという。

スマートフォンはその性質上四角くて平べったい形状だ。すでに動画撮影機能としては高度なものを持っているが、けっして撮影がしやすい形だとはいえない。もちろん、いまは低価格なビデオカメラも発売されているけれど、撮ったあとの動画の扱いまで考えれば、このデバイスも便利だといえるのではないだろうか。

それにも増して、8mm気分を感じさせるこのデザインがちょっと魅力的だ。そして、そこに最新のiPhoneが入るという組み合わせもユニークだ。なんといっても撮っている姿がむかしの”映画少年”みたいでいいではないか。

 

【関連記事】

※ 自転車からチェーンを撤廃したらメリットしかなかった

※ ハンドルが道案内してくれる自転車用最新「IoT」デバイス

※ 決定的瞬間がHD動画で撮れるかも!? でもこれは自転車用のライト

※ 20年先を見越したトヨタFCV「MIRAI」インタビューまとめ

※ 時速100kmの驚きの飛行スピード!垂直離着陸も可能なドローン

【参照・画像】

※ The World’s First Cinematic Smartcase – Kickstarter