IT/テック

任天堂「岩田聡」の見た夢は、我々の手の中に

説明などいらない

岩田に限らず、スティーブ・ジョブズも「ユーザーへの説明」ということを殆どしなかった。「これが我々の新商品の取扱説明書です」と言って分厚い冊子を顧客に渡した時点で、経営者としては負けである。だからこそ、彼らはユーザーの「直感」に訴えかける。任天堂のトップになったあとの岩田のゲーム作りは、常に「直接伝わるもの」を意識していた。

その第一弾がポーダブルゲーム機「ニンテンドーDS」と、それに付随する「脳トレもの」のソフトである。

ゲームをしないと思っていた人たちにもゲームをしてもらう方法はある。5歳から95歳まで誰でも同じスタートラインでゲームを楽しんでもらうのは決して不可能ではないことを脳トレは証明してくれた。

ニンテンドーDSのソフトに、複雑な説明はいらない。というよりも、インターネット時代に生まれた少年と幼少期に第一次世界大戦を経験した高齢者が共に同じゲームをプレイするとしたら、「説明不要」がソフト開発の絶対条件となる。

当時最先端テクノロジーだったタッチスクリーンを採用したことも、DSにとっての大きなアドバンテージとなった。これにより、ややこしい入力コマンドを省くことに成功した。ライバル社の製品よりも段違いの操作性を有するDSは、全世界で1億5000万台を売り上げるベストセラー機となった。

さらに岩田は2006年発売の据え置き型ゲーム機「Wii」でも、DSと同様の要素を加えた。プレイステーションシリーズが実施しているような高グラフィック路線とは距離を置き、代わりにユーザーが実際に身体を動かして操作するコントローラーを取り入れた。これにより、「本当にスポーツができるゲーム」というものが具現化したのだ。

DSとWiiの両輪により、任天堂はソニーに奪われていた「家庭用ゲーム業界の王座」を取り返す。岩田の理想が花開いた瞬間でもあった。

 

ゲームは万人のもの

もし今のゲーム機の10倍のパワーを持ったゲーム機が登場したとして、それを自分は認知できても、家族は使いこなせますか? 違いの分かる人だけを相手にするのは危険だ。

開発者としての岩田の基本スタンスは、まさにこの言葉に集約されている。そして付け加えるなら、世界最先端のハードが買えるだけの所得を手にしている市民は地球上にそうはいない。

imasia_14969448_M

新興国や発展途上国では、今でも家庭用ゲーム機は数世代前のものが主流である。ここではインドネシアを例に挙げよう。同国の首都ジャカルタの最低法廷賃金は200ドルほど。それで一家全員を養っているということも珍しくない。月々に捻出できる可処分所得だけでは、とても最新鋭機には手が届かない。

そしてインドネシアは、公用語をインドネシア語に指定している。これが英語かスペイン語ならば、ソフトの言語ローカライズの対象になりやすい。しかしインドネシア語では、そうしたことが難しい。従って同国では、映画のような複雑なストーリーのゲームは敬遠されがちだ。

となると、インドネシアでは岩田が唱えていたような「性能そのものよりも、誰しもが共に楽しめるゲーム」がより人気を集めやすいのだ。もちろんそれは、インドネシアに限ったことではない。この世に今いる人の大半は、100ドル以下の月収で生活している。

岩田聡の敷いた道は、すでに日本列島を越えている。彼のイノベーションは、もはや現代人のライフスタイルに密着した。だからこそ、今一度世間に問いかけようではないか。

岩田聡という人物は、我々大衆の在り方をどう変えたのか?

 

【関連記事】

※ ジャングルに広がるグリーン・コミュニティの驚異的建築群

※ 最貧困地帯の未来を変えるNPO「コペルニク」から学べること

※ 時代はペットボトルレス!持ち運べる水「Ooho!」の作り方

※ 祝日だらけ!? カレンダーから見える「インドネシア」国家像

※ 2025年12月6日、ジャカルタは水没するか?