IT/テック

「我々生命は宇宙からやってきたかもしれない・・・」それを確かめる実験の結果がでた

かといって、生命の宇宙起源説が証明されたわけでは無いので早まらないで欲しい。ただ、可能性が否定しきれていない、という状況にあるのだ。この生命の起源を宇宙に求める考え方を、『パンスペルミア説』と呼ぶ。この説では生命は地球で誕生したわけでは無く、他の天体の生命が“何らかの方法”で地球にやってきたのだと考える。

その、“何らかの方法”はいろいろ考えられているが、その一つが隕石によって地球に運び込まれたという説である。

 

宇宙から地球に落下させた隕石の中で生きていた生命

しかし、隕石が宇宙空間を漂い地球に突入する際には、余りに過酷な環境を経なければならないため、この考えは否定されてきていた。

ところがその一部の過酷な状況を、ロシア科学アカデミーの研究チームがこの7月に実験で再現して、生命が生き延びることができるかどうか確かめてみたのだ。

その結果、大気圏を通過した隕石の中でも、微生物の一部が生存できることが確認された。

微生物を乗せる玄武岩のディスク

彼らは『Thermoanaerobacter siderophilus』という微生物を実験に使った。この微生物は、火山の通気口付近で発見された微生物で、高温に強い耐性を持っている。

この微生物を直径約7センチの玄武岩でできた人工隕石に埋め込み、ロシアの人工衛星『フォトンM4』に取り付けておき、地球の軌道に乗せた。

人工隕石を搭載したフォトンM4

そして45日後に地球に落下させたのだ。落下の途中で隕石が体験する温度は華氏1,800度(摂氏約982度)にもなる。