IT/テック

海から有害物質を取り除くための「合成サンゴ」

重金属汚染に弱い珊瑚に注目

海洋を汚染している重金属には、水銀、鉛、ヒ素などがある。これらが産業の過程から海に排出されているのだ。そしてこれらの重金属は食物連鎖によって濃度が圧縮され、最終的には我々の口に入る可能性もある。

ところで、これらの重金属による汚染に弱い存在があった。珊瑚である。珊瑚はわずかな重金属汚染でも簡単にダメージを受けていた。それは、珊瑚が重金属を吸収しやすい性質を持っているからだった。そのことにインスピレーションを得た研究者達は、珊瑚を模倣した素材を作れば、海洋を汚染している重金属を除去できるのでは無いかと考える。

そこで研究者等は、水から水銀を除去するために、酸化アルミニウムで珊瑚を模したナノ構造体を作ってみることにした。酸化アルミニウムは以前から汚染物質の除去に試されることはあったが、あまり上手くいっていなかったのだ。

しかし珊瑚を模したナノ構造にしたところ、珊瑚と同様の作用を示したではないか。

珊瑚を模した酸化アルミニウム

 

自然界をヒントに新しい技術を生み出す

研究者によれば、水から汚染物質を取り除く簡単な方法は吸着だという。そのため、吸着作用のある素材開発が海洋汚染の改善のための課題になる。

従って、珊瑚を模した素材がどのように汚染物質を吸着するかを研究することが重要になってくるとしている。

実際、研究者等が珊瑚を模したナノ構造体を試してみると、従来の酸化アルミニウムの2.5倍程度多くの水銀が除去されることが分かった。

自然界にヒントを見つける事が、新しい技術へのインスピレーションを得るのだと研究者は言う。本物の珊瑚が滅びる前に、人工の珊瑚が活躍して海洋汚染を少しでも改善させる日が来るのだろうか。

 

【関連記事】

※ バリに学ぶ「バンブーハウス」が秘める無限の可能性

※ 世界が称えた日本のUNSUNG HERO(謳われることなき英雄)

※ シーシェパードが回収した「海のゴミ」をアディダスがスニーカーにした!?

※ アジア3か国だけで約半分!? 世界のゴミ海洋投棄量が深刻化

※ バリスタも失業?「コーヒー」を嗅ぎ分けるシステムが開発される

【参考・画像】

※ Synthetic Coral Could Remove Toxic Heavy Metals From the Ocean

※ Self-curled coral-like γ-Al2O3 nanoplates for use as an adsorbent