IT/テック

地図上で「大気汚染が見えるようになる」未来が近い

ストリートビュー撮影と同時に大気汚染を計測

ストリートビューの撮影をしている車が大気汚染も同時に計測すれば、地図上に大気汚染の状況を可視化することができる。

このプロジェクトのために、GoogleはAclima社のセンサーを購入することを決めた。

既に検証実験は行われており、3台のストリートビューカーがコロラド州デンバーの街を1ヶ月間走りながら大気汚染を計測してみた。走行時間は750時間に達したという。

3台のストリートビューカー

データポイントは1億5000万にものぼり、人に有害な化学物質である二酸化窒素や一酸化窒素、オゾン、一酸化炭素、二酸化炭素、メタン、黒色炭素、粒子状物質、揮発性有機化合物などを計測して数値を記録していった。

この検証には、GoogleとAclima以外にも、米環境保護庁(EPA)やNASAも参加している。

 

Googleが自治体の環境政策に影響を与えるようになる?

彼らの目標は地図上の大気汚染データを公開し、市民や自治体が街の公害状況を確認できるようにすることだ。

地図上で大気汚染の状況が分かれば、例えば歩く場所やジョギングのコースを変更するかもしれないし、車でもこれ以上汚染しないようにとコースを変えるかもしれない。

ストリートビューカーで計測

あるいは自治体が、大気汚染の状況に応じた緑地化計画を立てるかもしれない。他にも環境保護に関係する団体や環境産業が活動する際の指標となるかもしれない。

このプロジェクトが他の地域でも採用されれば、ストリートビューカーは、風景だけで無く、大気汚染状況までも地図上に可視化することになり、Googleが都市計画や人々の健康への関心にも影響を与える事になるだろう。

 

【関連記事】

スマートウォッチを凌駕!? ウェアラブルデバイス「WristableGPS for Trek」が高性能

最高速度161km/hを誇る電動スポーツバイク「Impulse TT」

街なかで充電がピンチ!そんな時に欲しかった「公共充電スタンド」がとってもエコ

乗換案内もする「スマート」折りたたみ電動自転車

世界規模で加速する次世代環境車の波・・・欧州のCO2排出規制で「PHV」の存在感が増してきた

 

【参考・画像】

※ Aclima and Google Partner to Map Outdoor Air Quality with Street View Vehicles | Aclima

※ Google Street View cars will soon measure pollution – Jul. 30, 2015