IT/テック

少女の夢を叶えた…低コストで高度な「3Dプリントの義手」を開発

少女がクリスマスに祈ったのは義手だった

e-NABLE
e-NABLE – Enabling The Future

 

2014年当時、9歳の少女だったSheaちゃんは、生まれつき右手の指が無かった。去年のクリスマスに祈ったのは、義手が欲しいということだった。

しかし、義手は恐ろしく高価でおいそれとは手が出ない。それでもなんとかならないかと、少女の母親はインターネットで情報を探した。

そして見つけたのが『e-NABLE』だった。『e-NABLE』のメンバーは少女の手に合う義手をデザインし、彼女が好きなピンク色の義手をプレゼントした。

3Dプリンターを活用して作られたこの義手は50ドルもかかっていないが、高額な義手以上に少女の手にフィットしていた。しかも彼女の成長に合わせてアップデートすることが容易なのだ。

そしてこの義手のデータは、他の人たちのデータと同様にオープンソースとして公開された。

 

sheaちゃんのピンクの義手
e-NABLE – Enabling The Future

 

Sheaちゃんはその後も『e-NABLE』の義手制作のテスターとして協力を続けている。

 

そして夏になるとついに、義手を装着してプールに飛び込んでしまった。彼女は義手を使って泳げるかどうかを試してみたのだ。

この結果は、『e-NABLE』にとって、義手が水中でどのような状態になるかというテストになった。