IT/テック

業者トラブル解消!? やり取りは「顔の見える相手」だけの安心メッセンジャーアプリ

内部カメラしか使用できないという面白い作り

そのメッセンジャーアプリとは『Face』というもので、悪用対策画像共有アプリの『Phantom』などで知られている株式会社LINXが制作している。

Face メッセンジャー アプリ 02

このアプリの最大の特徴は、先にも挙げたとおり“本人の顔写真登録が必須”となっている点だ。

ユーザーのアイコン登録時には、スマートフォン本体のカメラで写真を撮る必要があり、“フォルダ内の他人の写真”などを使うことはできない仕様となっている。加えて、独自の顔検出機能も採用しているので、業者などの悪質な利用を防げるというメリットもある。

また、この『Face』は、連絡先データへアクセスすることなく、インターネット上の面識のない人とのやり取りを想定して開発された珍しいアプリとなっている。

友達を追加するには『Face』のIDを入力するか、専用のID共有ページを介して通知するという仕組みとなっているほか、万が一知られたくないユーザーにIDを知られてしまっても、何度でもIDを変更する事ができる仕様となっている。

以上のことから、ネットを通じて出来た友達との、安全な連絡に特化したアプリと言えるだろう。

 

このアプリを使うことでどんなメリットが生まれるのか

この『Face』には、様々な活用法が考えられる。

例えば、ブログの管理人と読者のコミュニケーションツールとして使用したり、TwitterなどのSNSを通じて仲良くなった人と連絡を取る際のツールとして、などなど。

もちろんこのアプリを使うことで、ネット上の対人トラブルの減少に直接繋がるというわけではないので、ネット上のマナー、いわゆる“ネチケット”を守って使用する必要がある。それさえ守ることができれば、悪徳業者の心配が少ないこの独特なメッセンジャーアプリは、業者トラブルを減らせるというだけでも大きなメリットとなるだろう。

この『Face』は App Storeおよび Google Play上で配信を開始している。

Face メッセンジャー アプリ 01

「話をしたいネット上の友人はいるけど、LINEもSkypeもあまり自分に合わない」という方は、このアプリがピッタリかもしれない。

 

【参考・画像】

※ 株式会社 LINX、相手の顔が見えるスマートフォン向けメッセンジャーアプリをリリース! – Value Press

【関連記事】

※ 欧米から大反響!眼鏡産地さばえから「顔認識を防止できるメガネ」が誕生

※ 簡単なオンラインテストだけで「眼鏡を作る検眼ができる」サービス

※ ブルーの光で快眠?時差ぼけ対策や気力増進を促すメガネ「Ayo」

※ あなたの生活を変えるか?『JINS MEME』が秘める可能性

※ 瞬時に濃淡が切り替わる電子式調光サングラス「CTRL ONE」が常識を覆す?