水筒までもがIoT化!飲み頃を教えてくれるサーモスのスマートボトル
IT/テック

水筒までもがIoT化!飲み頃を教えてくれるサーモスのスマートボトル

最適な飲みごろと水分補給量を教えてくれる「デキる」水筒

水筒までもがIoT化!飲み頃を教えてくれるサーモスのスマートボトル
THERMOS SMART LID – Thermos

 

サーモスのスマートボトル『サーモス スマートリッド』は、温度センサーと Bluetoothを内蔵。水の温度や飲んだ量といった、ボトル内の情報をスマホに転送することが可能。これにより水分補給量、いつ水がぬるくなってしまうかなどの情報を取得することができ、日々の水分補給をよりおいしく効率的に行うことができる。

専用のスマホアプリで年齢や体重といった、自身のフィジカルデータを入れておけば、適切な水分補給量やタイミングをアドバイスしてくれるという優れモノだ。

特に夏場、我々は漠然と水分補給をするに過ぎない。それが適切なのか、不足していないかどうかは、体調が悪くなって初めて気づくことが多い。特に猛暑日の場合、室内であっても水分不足、熱中症になるケースが増えている。こまめな水分補給は欠かせなくなっているが、この『サーモス スマートリッド』があれば、自らに必要な水分補給量が可視化、熱中症予防に役立つことは間違いないだろう。何より美味しい飲みごろというのは気分も良くなるはず。

 

【参考・画像】

THERMOS SMART LID – Thermos

【関連記事】

※ 水の使用量を84%削減した「パタゴニア・デニム」に見るリアルな危機感

※ シャワー時の水使用量70%を削減?水を霧にする「Nebia Shower」

※ 水不足を救えるか!? LA市長が「貯水池に大量の黒ボール」をぶち込む

※ 太陽の力で浄水できるこの装置なら、水不足と戦える

※ 空気から水を作り出す「Fontus」