EV 電気自動車 充電
IT/テック

電気自動車に朗報!「走行するだけで充電できる専用レーン」をイギリスで試験導入

まるでゲーム『F-ZERO』のようなリチャージレーン

名作レーシングゲーム『F-ZERO』を覚えているだろうか。F-1を越える未来のフォーミュラレーシングゲーム『F-ZERO』では、エネルギーをチャージする“チャージゾーン”が設けられ、その上を走るとエネルギーが充電されていた。今回、イギリスの高速道路でやろうとしていることはまさにこれである。

england ev
The UK is testing out roads that charge electric cars as they go – mashable.com

仕組みは比較的シンプルである。送電線から供給される電力を、サブステーションで変圧。AC-AC変換器から道路に埋め込まれたループコイルに電気を流し、電磁波として無線伝送するものだ。EV側には同じくコイルを設け、電磁誘導の仕組みにより電気に変換、この『EVリチャージレーン』上を走行するだけで充電できる。

米サンフランシスコでは、今も架線からパンタグラフ経由で電気をもらう、電車ならぬ電気バスが走行しているが、その無線版と考えればわかりやすいだろう。

 

持続可能な社会を築くための挑戦

highway england ev

イギリスでは、この『EVリチャージレーン』を今年後半に設置、5年間で5億ポンドの予算を投じて実証実験を行うという。

この試みは世界初ではない。すでに韓国で12kmの『EVリチャージレーン』を設置、電気バスを充電する実験がなされている。これまでイギリスでは、電気バスを無線伝送により充電する実験を行っているが、これは停車する必要があった。今回の取り組みは走行中に充電できるものであり、この実証実験を通して、“持続可能な高速移動ネットワーク”を構築、世界をリードしようと考えている。

EVの進化とインフラの進化、今後の持続可能社会を構築するのには欠かせない両輪である。

 

【参考・画像】

※ Off road trials for “electric highways” technology – GOV.UK

※ The UK is testing out roads that charge electric cars as they go – mashable.com

【関連記事】

※ まるで●●…!? 高級EVのテスラが開発した「ヘビ型自動充電スタンド」がスゴイ

※  世界で16億kmの走行実績!テスラ「モデルS デュアル」登場でさらに躍進か

※ バッテリーを再利用!? 日産が新たなエネルギー貯蔵システムを採用

※ テスラが「バレーサービス」を開始!わずか20分の超高速充電を体験できる

※ 究極のワイヤレス!「ながら充電」が電気自動車の電欠を解消する