IT/テック

過労死ゼロへ…「過労死等の防止」のための対策に関する大綱がついに決定

まずは実態の解明が必要

この『過労死等の防止のための対策に関する大綱』、内容はいくつかのパートに分かれているが、第1の「はじめに」は過労死等防止対策推進法の成立、施行の背景などが書かれている。第2は「現状と課題」。労働時間等の状況や就業者の脳血管疾患、心疾患、自殺等の発生状況などが述べられている。

そして第3が「過労死等の防止のための対策の基本的考え方」だ。しかしその冒頭が意外な内容である。まず過労死等の実態の解明のために、調査研究を早急に行うというものだ。『過労死』は、観念的にはわかりやすいが、死因となる実際の疾病と労働時間の因果関係はわかりにくいからだろう。

 

啓発や相談体制の整備

とはいえ、過労死は喫緊の課題でもあるので、調査結果を待つことなく、国民に対する啓発、教育を通じての啓発、職場の関係者に対しての啓発や、過労死等の危険を感じた労働者が早急に相談できるような相談体制の整備等、さらに民間団体への支援などによる対策をとっていくという。

あわせて、地方公共団体、事業主、労働組合等、民間団体、国民ひとりひとりにも協力を求めていくことになる。

じつは筆者のようなフリーランスの人間にとっては、過労死というのはもっとも縁が遠い課題で(そのためにこの職業を選んだ)、この課題に関しては書きづらい面もある。

とはいえ、対策をみると、現状は“啓発”や“相談”、“支援”がメインということで、ちょっと弱さを感じる。雇用者に対する罰則なども規定してほしい。将来的には調査研究にもとづいたより効果的な対策を期待したい。

ただ、いまだに世の中には“睡眠時間を削ってでも長時間働く”ことが“がんばっている”と見なされる馬鹿げた風潮が残っていると感じる場面も多い。そういった考え方を啓発によって変えていくことは必要だろう。睡眠時間を削ると、能率が下がってミスが増えるといったデメリットが大きい。

それと、あくまでも個人的な意見ではあるが、「過労死しそうな職場なんかやめちまえ」と言いたい。だいたい過酷な労働を強いられるのは20~30代が多い。それくらいの年齢ならじゅうぶんリスタートは可能だ。資格をとったっていいし、事業を始めたっていい。フリーランスは楽じゃないが、過労死する心配はまずない。

 

【参考】

厚生労働省「過労死等の防止のための対策に関する大綱(平成27年7月24日閣議決定)の概要」

厚生労働省「過労死等の防止のための対策に関する大綱」

【関連記事】

※ もっとも多いのはアノ世代!? 米研究による世代別「職場うつ」についての報告

※ 暑い夏に熱いノートブックパソコンを冷やす水冷式パッド発売

※ 最大の難点をクリア!便利すぎな「雨水を搾りとる」折りたたみ傘

PCを徹底的に小型化したらマウスの中に入っちゃった!

※ 職場に自分だけの聖域を!完全プライベートになれる「未来風」巨大ポット