IT/テック

電力をエンジンで発電する最新EVテク採用!日産の次世代コンパクトSUV「グリップス コンセプト」

オンとオフで楽しむクルマ

『ニッサン グリップスコンセプト(Nissan Gripz Concept)』と名付けられたこの新型コンセプトカーは、全長4,100mm×全幅1,890mm×全高1,500mmと非常にコンパクト。

現行のジュークのボディサイズが、全長4,135mm×全幅1,765mm×全高1,565mmだから、ほぼ同サイズ。やや全長が短く、少しだけ低いイメージだ。

Nissan Gripz Concept21
source:http://www.nissan-newsroom.com/

 

欧州と日本のデザイナーが共同でデザインしたそのフォルムは、非常にスポーティ。

ガルウイングタイプのフロント2枚ドアと、サイドに開く後ろ2枚ドアを持つ2+2クーペ的スタイルや、各部のカーボンパーツ、流線型のボディラインなどは、まさにスポーツカー的デザイン。

更に、車高が高く、様々な状況での走破性にも優れている。

Nissan Gripz Concept10
source:http://www.nissan-newsroom.com/

 

メーカーによると、「サイクリストが、通勤用と同じ自転車でオフタイムにサイクリングを楽しむ」のと同じように、平日の通勤にも週末の遊びで山道などをドライブするのにも、幅広く対応できるクルマ作りを目指したという。

 

リーフと同じ電動モーターと新システム

そして注目なのが、新開発のパワーユニットだ。

駆動は、リーフと同じ大容量モーターを搭載し、最高出力80kW(約109ps)、最大トルクは254Nm(約25.9kgf/m)を発揮する。

ただし、リーフと違うのはパワーソース。EV技術をベースにした新システム『Pure Drice e-Power』の搭載で、ガソリンエンジンで電力を供給するシリーズ・ハイブリッドEVシステムを採用しているのだ。

Nissan Gripz Concept26
source:http://www.nissan-newsroom.com/

 

これは、三菱アウトランダーPHEVなどに採用されているものと同様の技術で、ガソリンエンジンを電力源とすることで、バッテリー充電や航続距離の心配を大幅に軽減。

アウトランダーPHEVのように、バッテリーだけで走るEVモードや、ガソリンエンジンを電動モーターがアシストするモードなどがあるかどうかは現在のところ不明だが、静かで好燃費、スムーズな加速などが楽しめるのは間違いない。

まだコンセプト段階のクルマながら、採用されている最新技術にはかなり注目。市販化に期待したい。

 

【参考・画像】

※ 日産自動車、フランクフルトモーターショーで斬新なスポーツクロスオーバー 「Nissan Gripz Concept」を世界初公開 – 日産

※ 2015年 フランクフルトモーターショー ニッサングリップスコンセプト – 日産

【関連記事】

※ いつもの場所で気軽にOK!国内最大規模の「EV・PHV 用充電器」が導入される

※ 次世代エコカーのFCVとPHV、結局選ぶべきはどっちなのか?

※ PHV・EV時代の到来か?「排出ガスゼロ」を担う次世代エコカーとは

※ 【クルマを学ぶ】フランクフルトモーターショーに見るSUVトレンドの象徴はベンタイガ!次世代コンセプトにも注目

※ 速度に応じて変化する!ベンツの未来的セダン「Concept IAA」