IT/テック

リーダー必読!JAL運航責任者の3大決断に学ぶ「スピーディに最善策を出す方法」

運航について社長を代行

任務についているのは、甲斐氏を含めた計8名。8時〜17時と15時30分〜9時の各シフトに1名ずつがつく、1日2交代制だ。

まずは、仕事内容について。

「第1は、“安全に飛ばす”こと。安全に飛ばせないと判断した場合は、社長代行として欠航の決定権を持っています。次に、何かトラブルなどが起こった際、素早く対応できる初動体勢の確立。また、欠航などの情報を的確に各部門へ伝えることも任務です。」

判断材料を出すのが、1日80名体制の『オペレーションコントロールセンター』のメンバーだ。

「オペレーションや旅客、整備や天候予測など、各部門の専門家が集まっています。彼らは、世界各国で飛ぶ便の運航を、24時間体勢で管理しています。で、問題が生じた場合は、各部門がその対処法を検討し意見を提出。それらを総合して判断を下すのが、私たちの仕事です。」

jal_occ03