IT/テック

【クルマを学ぶ】強気のトヨタ!渦中の「クリーンディーゼル」エンジンで勝負

ディーゼルらしい力強い走りを実現

その他にも以下に示す新技術の採用により、通常30%台のガソリンエンジンの熱効率を大きく凌ぐ、世界トップレベルの最大熱効率44%を達成しており、優れた燃費性能、低排出ガス、ディーゼルらしい力強い走りを実現したとしている。

・空気の入り易いポート形状の採用で、シリンダー内へ流入する空気量を増大
・新開発のピストン燃焼室形状と、コモンレール式燃料噴射システム
・メインの燃料噴射の直前に、少量の燃料を噴射する「パイロット噴射」
・小型高効率可変ジオメトリー型ターボ

また排出ガス対策では、酸素の少ない不活性ガスを冷却して燃焼室内に再循環、燃焼を緩慢化することでNOx(窒素酸化物)の生成を抑える『クールドEGR』を採用。

TOYOTA_1GD-FTV
source:http://newsroom.toyota.co.jp/

 

一方、燃費向上では『尿素SCR+DPRシステム』を採用している。

『尿素SCR』はディーゼルエンジンに使われる最新技術のひとつで、現在実用化されている後処理装置の中では最も高いNOx浄化力を誇る。

アンモニア(NH3)のNOxに対する強い還元力を利用したもので、すでに火力発電所などでも実用化されている技術だ。

無味無臭の尿素水溶液を搭載しておき、必要な分だけアンモニアを生成、反応促進用のSCR(選択還元触媒)を利用して、NOx(NOとNO2)を無害な窒素(N2)と水(H2O)に還元する仕組み。

エンジン本体でNOxを低減するには燃焼温度を抑える必要が有るが、PMの発生原因にもなるため、NOx浄化力に余裕のある尿素SCRを活用することで、燃費や出力面で有利となるように燃焼を制御している。

また『DPR』はフィルターに吸着したPM(粒子状物質)を自動的に焼却してクリーニングを行うもので、エンジンの直近に配置、高温の排出ガスを通過させてフィルターのクリーニング効率をアップすることにより、必要となる軽油燃料を削減している。