IT/テック

【クルマを学ぶ】強気のトヨタ!渦中の「クリーンディーゼル」エンジンで勝負

燃費とNOxの関係

そもそもディーゼル車において、燃費とNOxは二律背反の関係にある。

エンジンの燃焼効率を上げれば燃費が向上するものの、空気中の窒素と酸素が反応してNOxが発生し易くなる。

本来、その背反する事象を両立させるのが各社の腕の見せ所というわけだ。

今回のフォルクスワーゲン問題ではディーゼル車の燃費を優先すべく、排ガス認証以外では燃費の妨げになる『EGR』の機能をカットするソフトを車両に組込んだというもの。

フォルクスワーゲンが環境対応を疎かにした代償は2兆円超えの巨額制裁金に留まらず、同社がこれまで長らく築いて来たブランドへの信用を結果的に大きく傷つけることになった。

 

【参考・画像】

クリーンディーゼルエンジン – TOYOTA

※ トヨタ自動車、新型2.8L直噴ターボディーゼルエンジンを開発 – TOYOTA

※ TOYOTA、ランドクルーザープラドを一部改良 – TOYOTA

※ マツダの排出ガス規制への適合対応について – マツダ

メルセデス・ベンツ日本

【動画】

※ 【トヨタのテクノロジー】クリーンディーゼルエンジン – YouTube

【関連記事】

トヨタ・マツダの協業が意味するもの

※ EPAがディーゼルエンジンによる大気汚染対策に500万ドルを拠出

※ 水と二酸化炭素からできる「ディーゼル燃料」世界で初給油

※ 国際機関が発表「クリーン・ディーゼルは実際はクリーンではない」

※ 自動車メーカー8社が燃費向上・排ガス低減に向けタッグを組む