IT/テック

テスラのSUV「モデルX」ファルコンドア品質熟成に丸2年!米国で納車開始へ

スーパーカーに迫る動力性能

同車のグレードには『90D』と『P90D』の2種類が存在、共に容量90kWhのバッテリーを搭載しており、1充電あたりの航続距離は最大で400km以上を誇る。

『90D』のモーター出力は前後共に259ps、0-100km/h加速4.8秒、最高速は約250km/hに達する。

TESLA_Model_x
source:http://www.teslamotors.com/jp/

また、パフォーマンスを高めた『P90D』モデルではリヤモーターの出力が503psに強化されており、0-100km加速は3.8秒(ルーディクラス スピードアップグレードは3.2秒)とスーパーカーに迫る加速性能を示す。

 

「モデルX」の国内導入は来年後半

予約は既に2万件以上に達しているそうで、日本での発売は2016年後半以降を予定している。

テスラモーターズ・ジャパンでも既に同車の受注(予約金50万円)を開始しており、車両価格は未定ながら、『モデルS』のAWD仕様車が988.6万円から1,369万円であることから、モデルXがより大型で複雑なドア構造を装備していることを考慮すると、約60万円程度高い価格設定になるとの予想。

かなりの高級車ではあるが、その航続距離や動力性能、『モデルS』を大幅に上回る居住性の良さを考慮すると、海外では勿論、日本でも人気が出そうだ。

 

【参考・画像】

テスラ・モーターズ MODEL X

【動画】

※ Elon Musk launches Tesla Model X (9.29.15) – YouTube

【関連記事】

高級EVのテスラが開発した「ヘビ型自動充電スタンド」がスゴイ

世界で16億kmの走行実績!テスラ「モデルS デュアル」登場でさらに躍進か

テスラが「バレーサービス」を開始!わずか20分の超高速充電を体験できる

欧州のCO2排出規制で「PHV」の存在感が増してきた

航続距離は600km!塩水を循環して発電するスーパーEVの実力