IT/テック

アメリカ・乱射事件再び…続々投入される「新商品の威力」とは

まったく新しい拳銃、発売へ

アメリカの銃消音器メーカー『SilenserCo』が今月、衝撃的な新商品を発表した。

何と、消音器内臓のハンドガンである。

『Maxim9』は、同社が満を持して公開した「まったく新しい銃」だ。それまでも消音器内蔵の銃はあるにはあったが、そもそも消音器をつけてしまうと銃弾の発射初速が落ちてしまうという欠点がある。だからこそ、取り外しを可能にして用途に応じて使い分けるということが求められていた。もっとも、ここで言う「用途」の中身を想像するだけでも恐ろしいが。狩猟やスポーツ競技に消音器など必要ない。

メーカーによれば、Maxim9は拳銃としての強力な威力を確保しているという。発売は来年からだが、試射の様子を映した動画がすでに出回っている。

これは海上での試射だが、まず射手の耳に注目してほしい。防音用のイヤーガードをつけていない。発射音も「パスッ、パスッ」という感じで、非常に静かに抑えられている。

銃社会として知られるアメリカだが、実は消音器に関しては厳しい。完全登録制で、多額の費用や認可までの時間を費やす必要がある。消音器自体を禁止にしている州もある。だがMaxim9は消音器ではなく、拳銃だ。その辺りの議論は今後必ず起こり得るだろうが、今の時点でこの製品の流通を阻止できる連邦法は存在しない。