IT/テック

数億人の未来を変えた!「ノーベル医学生理学賞」受賞の大村智氏とメルク社が行った無償の国際貢献

研究成果を無償で提供したメルク社

Children Friendship Togetherness Smiling Happiness
source:https://pixta.jp/

 

そこでメルク社は、元々畜産用に開発したイベルメクチンを、人の治療にも役立てることを決めたのだが、ここからの同社の活動が称賛される事になった。

なんと、人用の『イベルメクチン』は無償で提供することを決めたのだ。同社は既に畜産用で莫大な利益を上げていたからだが、この無償提供に大村氏の許可を得ることができた。

その結果1987年から人用のイベルメクチンが無償で提供されることになる。

そして世界保健機関(WHO)が『河川盲目症』と『象皮症』の制圧計画を進めた結果、これらの感染症が近く撲滅できる可能性が見えてきていると言うから驚く。今では年間に約3億人がイベルメクチンを服用しており、多くの人を救い続けている。

“ノーベル賞もの”という喩え方があるが、まさしく大村氏の研究は、“ノーベル賞もの”であったわけだ。

日本では医学生理学賞の受賞者は大村氏で3人目であり、物理学、化学を加えた自然科学三賞では15人目となる。

これからも日本が、世界に貢献できる研究者を生み出す国であって欲しいと願いたい。

 

【参考・画像】

※ The Nobel Assembly at Karolinska Institutet has today decided to award – Nobelforsamlingen

※ 大村氏、ノーベル賞 熱帯の感染症、失明防ぐ薬 医学生理学賞 – ニュース – アピタル

※ ノーベル賞受賞 野口英世も喜んでいる:社説・コラム – 東京新聞

※ <大村さんノーベル賞>土に着目で大発見 寄生虫駆除で熱帯の生活改善 – 東京新聞

※ joingate / Shutterstock

※ kou / PIXTA

※ Rawpixel / PIXTA

【関連記事】

※ 再生医療の扉を開く?ミトコンドリア病の幹細胞治療へステップ

※ 【衝撃映像】これなら冠水もなくなる?まるでザルの様に水を捌けるアスファルトがスゴい

※ 医療テクノロジーの躍進!タフツ大学が「細菌検知シルクインク」を開発

※ 【未来予想図】プリウスの変遷から「スポーツHV」が見えて来た!

※ 医療革命!? 3Dプリンターで作る「添え木治療」が子どもの重病を救う