IT/テック

ハイブリッドの醍醐味!トヨタがルマン参戦マシンを使って171人分の朝食を同時に作った凄技とは?

レーシングマシンを操っていたのは…

現れたのは何と、元F1ドライバーの中嶋悟氏の長男で2012年からトヨタのWECプロジェクトに参加、昨年のル・マン24時間レースで日本人初のポールポジションを獲得した中嶋一貴選手( 愛知県 岡崎市出身30歳)だった。

ル・マン24時間レースで、トヨタ『TS040 HYBRID』がブレーキング時に回収し、再利用しているエネルギーは一周あたり、6メガジュールだそうだ。

toyota_barista
source:http://ms.toyota.co.jp/

 

これがどれだけのエネルギーに相当するかと言うと、コーヒーなら約171杯、トーストなら約83枚、目玉焼きなら約58枚をつくれる量に相当すると言う。