IT/テック

【注目の東京モーターショー】走るモバイルバッテリー、スマホも充電できちゃう?日産ブースのみどころ「TEATRO for DAYZ」

モバイルガジェットが自動車化

日産が東京モーターショー2015に出展する『TEATRO for DAYZ』は次世代のユーザーに向けたコンセプトカーだ。

日産は2020年以降に免許を取得するユーザーを“Share Natives”と定義。

真っ白なキャンパスに描くように、真っ白なインテリアとスクエアに仕上げたエクステリアはDAYZのみならず、CUBEをも彷彿とさせる。

この『TEATRO for DAYZ』はEVで、巨大なバッテリーを内蔵、モバイルバッテリーとしても使用できるためにスマホを充電し放題だ。

同時に、スマホ・ネイティブといっても過言ではない彼ら“Share Natives”には、必須な機能だろう。

 

日産ブースのみどころ

151005-01-08
source:http://www.nissan-newsroom.com/

 

日産ブースでは『TEATRO for DAYZ』の他様々なコンセプトカーが展示される。

発電機を搭載し、ロングレンジの走行が可能となるシリーズハイブリッドEV『NISSAN GRIPZ CONCEPT』や、次期GT-Rをイメージさせる『NISSAN CONCEPT 2020 VISION GRAN TURISMO』も注目だ。

量産型EVの先駆けとなったリーフも航続距離のアップ、自動ブレーキ装備といったアップグレードがなされ、今後も日産はEVを中心に力を入れていくことが伝わってくる。

東京モーターショー2015は10月30日から11月8日まで東京ビックサイトで一般公開される。

 

【参考・画像】

日産自動車、第44回東京モーターショー2015の出展概要を発表 – NISSAN MOTOR CORPORATION

第44回 東京モーターショー 2015 – NISSAN MOTOR CORPORATION

【動画】

※ Nissan Teatro for Dayz concept Review Rendered Price Specs Release Date – YouTube

【関連記事】

※ 【未来予想図2020】ホンダが考える「スマートモビリティ」、クルマだけでなくエネルギーも作る

※ 過熱する自動運転技術開発競争まとめ。自動車は人工知能(AI)の夢をみるか?

※ これぞ夢の実現。ミニ四駆を実車化、デモ走行は注目の的

※ トヨタが将来の水素社会に組込む「FCVコンセプトカー」を提案

※ 高級車BMW新型「7シリーズ」スマホのワイヤレス充電可能、一部自動運転も