IT/テック

どんどん水をキレイにしてくれる、環境にやさしいビキニはこれだ!

水は弾いて、有害物質は吸着

研究者たちが“スポンジ”と呼んでいるその素材は、加熱したショ糖(砂糖の一形態)から作られ、多孔性でありながら強い疎水性を持つ。

水は弾くのに、有害物質は吸収するのだ。

「これは、環境には無害で、費用対効果の高いスーパー素材です」と同大学のMihri Ozkan教授はいう。

下の動画『A Bathing Suit that Cleans the Ocean – YouTube』を見ると、その素材が有害物質を吸収する様子がわかる。

これは4年ほど前から、石油や化学薬品の浄化、あるいは水の脱塩処理のために開発されてきた素材だ。

また、この撥水性能から、航空機や人工衛星の塗装、またはUAV(無人機)の電磁シールドなどにも適用できると考えられている。

そして、この素材を身につけるものに使うことを考えたのは、ニューヨークとイスタンブールに本拠地を持つ建築・デザインの会社であるEray Carbajoのチームだった。

彼らはOzkan教授らの研究室を訪れて、一緒に水着を作り上げた。

SpongeSuit_Components
(c)ERAY CARBAJO

 

その“スポンジ”と呼ばれる素材を、3Dプリンターで網目のように成形したエラストマー(高分子材料の一種)のケージで包むことによってビキニの形の水着を作ったのだ。

もちろん、ビキニだけでなく、スイミングキャップやウエットスーツにすることも可能だ。