IT/テック

【注目の東京モーターショー:ホンダ4輪編】セダンタイプの新型FCVや新型NSXが注目だ! 

新型NSXはハイブリッドに!

F1復帰を果たしたホンダだけに、今回のショーではスポーツモデルにも目玉が2台ある。

c150930_004H
source:http://www.hondanews.info/

 

まずは、ホンダ版スーパーカーの『NSX』。

前回(2013年)の東京モーターショーにもプロトモデルが発表されたが、今回はその進化版だ。

エンジンは、新世代の直噴V型6気筒ツインターボを採用。軽量なボディにミッドシップレイアウトで搭載する。

注目はハイブリッドシステムの採用で、新システムの『SPORT HYBRID SH-AWD(R)(Super Handling-All Wheel Drive)』を装備。

高い走行性能と時代のニーズに合った高燃費性能を両立した、まさに“スーパースポーツモデル”と呼べるクルマだ。

エクステリアは、歴代NSXの系統を継ぐロー&ワイドなデザインを実現。加えて、今のトレンドを盛りこんだ斬新さも注目だ。

 

歴代最高の「TYPE R」

4150930_001H
source:http://www.hondanews.info/

 

欧州ではすでに発表されている、『シビック TYPE R』も国内初登場。

エアロダイナミクスを極めたエクステリアに、2.0L・VTECターボエンジンを搭載。最高出力310馬力、最大トルク400N・m(40.8kgf・m)は、歴代『TYPE R』史上最高性能だ。

サーキットから一般公道まで高次元の走りが可能で、スポーツカー好きにはこれも垂涎のモデルだろう。国内では、750台限定で販売される予定だ。

 

ほかにも、ホンダブースには、市販予定モデルとして、オデッセイハイブリッド(ミニバン)やN-BOX(軽自動車)のマイナーチェンジモデルなど、新型が目白押し。

自在な移動が楽しめる『Honda WANDER STAND CONCEPT(ホンダ ワンダー スタンド コンセプト)』や、歩行者とともに自在な往来を可能にする『Honda WANDER WALKER CONCEPT(ホンダ ワンダー ウォーカー コンセプト)』といった、小型車のコンセプトモデルも出展される。

次回の後編では、2輪車の発表モデルについて紹介する。

 

【参考・画像】

Honda Media Website – HONDA

【関連記事】

※ 自動車業界を席巻しつつある「SUV」は何故人気なのか?

※ 【未来予想図2020】ホンダが考える「スマートモビリティ」、クルマだけでなくエネルギーも作る

※ 過熱する自動運転技術開発競争まとめ。自動車は人工知能(AI)の夢をみるか?

※ 芸術の域に達したパラパラ動画「2分でわかるHONDAの歴史」

※ トヨタが将来の水素社会に組込む「FCVコンセプトカー」を提案