IT/テック

自動車業界を席巻しつつある「SUV」は何故人気なのか?

SUVの定義

セダン、クーペ、ハッチバックといったジャンルが長い歴史を持つのに対し、SUVは比較的新しいジャンルで歴史は浅い。

もともとはオフロード用、クロスカントリー、ピックアップトラックといった車体から派生。

スポーツユーティリティ、つまりアウトドアでのアクティビティを楽しむための自動車として比較的曖昧な定義となっている。

オフロードを走破するため四輪駆動が多いが、必ずしも必須条件にはなっていない。

また、車体も本格クロカンモデルのようなフレームボディではなく、モノコックボディを採用するものもある。

 

日本におけるSUV人気のさきがけ

日本におけるSUV人気のさきがけはトヨタ『RAV4』と言われている。

RAV4
source:http://www.toyota.co.jp/

 

『初代RAV4』はFFのセリカ等のコンポーネットを流用した4WDモデルであり、ボディはモノコックとなっている。

それまでクロスカントリーといえば、強固なフレームボディだったのに対して“軟派”なイメージのあるモノコックボディだったが、CMキャラクターの木村拓哉を起用したこともあり爆発的な人気となった。

これによりSUV市場が開花し、ホンダ CR-V、スバル・フォレスター、日産エクストレイルなどの呼び水となった。