IT/テック

再生する命の物語を、復興に歩む東松島の森から日本の未来へ。

森から命を考える「学びのモデル」を全国へ。

2014年は森から海を臨める『馬のひづめの展望デッキ』を制作し、2015年は森と対話する『サウンドシェルター』が完成した。

東松島市の要請を受けたとはいえ、NGOなので予算が潤沢ではなく、スポンサー探しや様々な設備を作る上での材料集めなど課題は山積している。

製作には、このプロジェクトに賛同する早稲田大学古谷誠章研究室の学生が、構想から設計、施工とすべてを手がけ、仮設住宅に泊まり込みながら、子供たちや地域の方々とともに汗を流し造り上げている。

2105年度製作した森と対話する「サウンドシェルター」。
2105年度製作した森と対話する「サウンドシェルター」。

 

『森の学校』のカリキュラムや森のメンテナンスなどを総括し、いずれは地元の人々に手渡すまでが財団の役割だ。

東松島市で成功させれば、全国の森の再生、そして人と街の復興モデルとなるだろう。

海の過去と新しい街の未来が見渡せる東松島市の『森の学校』から、子どもたちの明るい笑い声が響く日が、1日も早く来ることを祈りたい。

 

【参考・画像】

※ 一般財団法人 C・W・ニコルのアファンの森財団

※ アファンの森震災復興プロジェクト

【関連記事】

※ 「やっちゃえ!」日産今度は愛媛県のトンネルに光の巨大ミュージアム

※ 鹿児島県長島町発、30歳副町長の挑戦「地域で輝く人材募集」

※ マンハッタン地下が公園に! 食糧危機すら救うかもしれないテクノロジー

※ 水の消費量を75%軽減!? カリフォルニアの都市型農業をサポートするソリューションとは

※ 福島から日本のエネルギーを変えよう!三春町のコミュニティショップを「ソーラーハブ」に、国際環境NGOが後押し